更年期障害にお悩みの方へ

女性の場合の更年期とは、卵巣の機能が衰える=閉経時期前後の時期、女性ホルモン(エストロゲン)が減少するためで、40代半ば頃が多いと言われています。

 

昔は男性には更年期はないと言われていましたが、やはり、40代後半頃の男性ホルモン(テストステロン)減少が原因で、男性にも更年期があることがわかっています。

 

 

男女ともにある更年期障害。どのような症状があるのでしょうか。

 

【女性の更年期障害】

 

主に、女性ホルモンの減少による、ホルモンバランスの乱れが原因ですが、それだけではなく、子供の独立や親の介護、夫の定年など、生活環境が大きく変わることによるストレスも影響していると言われています。また、若いころに無理なダイエットをしたり、不規則な生活や食事によりホルモンバランスが大きく崩れていることもその一因であると言われています。

 

更年期障害の症状は人により様々で、全く感じないくらいの人もいれば、日常生活に大きな支障を来す人もいます。

 

更年期障害の主な症状として、顔のほてり(ホットフラッシュ)・のぼせ・多汗・めまい・耳鳴り・むくみ・肥満・頭痛・薄毛・抜け毛・冷え・頻尿・尿漏れ・肩こり・腰痛・イライラ・鬱・睡眠障害・生理不順など、ありとあらゆる症状が挙げられます。また、高血圧、糖尿病、骨粗鬆症、動脈硬化などになりやすいと言われています。

 

【男性の更年期障害】

 

男性ホルモンの減少によるものが原因で、ストレスや加齢が原因と言われています。几帳面、真面目、神経質といった性格の方に出やすいと言われています。

 

女性の場合と同様、更年期障害の症状は人により様々で、全く感じないくらいの人もいれば、日常生活に大きな支障を来す人もいます。

 

更年期障害の主な症状として、疲労・鬱・不安感・神経質になる・動悸・めまい・筋力低下・メタボリックシンドローム・睡眠障害・ED(勃起不全)・性機能減退などが挙げられます。 


【更年期障害を克服するために】

 

テストステロンがエストロゲンの原料になっていることがわかっているため、テストステロンを増やすように活動することが大切といわれています。テストステロンは男性ホルモンですが、睡眠中に回復、亜鉛の多く含まれている食事がその生成を助け、筋肉が増強で増えるといわれています。

 

そのために大切なこと

・バランスの良い食事、栄養バランスの改善

・睡眠時間の確保

・タバコ・お酒を適量に

・適度な運動、筋肉を刺激すること

・心地よい会話の時間を大切に 

 

2017年5月7日放送のTBS「ゲンキの時間」で更年期障害の特集が放送されました。ヨガも勧められています。

 

更年期障害を乗り越えやすくするためにも、日頃からの生活習慣の見直しが重要ですが、その症状がひどい場合は、病院に行くことが勧められています。

 

更年期障害の緩和に有効なのが、身体を動かすことです。無理なく取り組むことが可能なヨギフィールのレッスンで、不調を解消!ご自分でできるところから、少しずつ始めてみませんか。